理念・挨拶当院の理念

 

高齢者の方によりそい、高齢者の方が人生最後のひとときをどのように過ごしたいと思われているのかくみ取ってあげ、そして、その思いにできるだけ沿った無理のない適切な治療、心のこもった看護・介護を提供したいと考えています。  基本指針
私たちの病院は、慢性疾患や急性疾患治療後に生じた廃用症候群や後遺症のために在宅での生活が困難となられた高齢者の方の治療や介護に特化した病院をめざしています。疾患を治療する医療ではなく、快適で安心な療養生活を送っていただけるような医療を心がけています。療養生活中に併発症が起これば適切な治療を実施しますが、終末期には苦痛を強いるだけの末期治療や延命措置は行ないません。看護・介護についても一律に行うのではなく、患者さん一人一人の病状に合わせた最善の看護・介護を行うように努めています。ご家族から、患者さんが寿命を全うする形で平穏で安らかな最後を迎えることができたと思っていただけることを目標に上記理念に基づく医療と看護・介護を実践していきたいと考えております。
 理事長挨拶

当院は、昭和27年に風光明媚なこの洛北の地に一般病棟と結核療養所から成る病院として開設いたしましたが、昭和57には結核療養所を全廃し、平成12年からは療養型病院として歩んでまいりました。しかし、昨今の超高齢化社会においては、認知症と骨折や脳血管障害による運動器の障害は避けて通れない課題であり、入院が長期化する現実があります。
在宅復帰が叫ばれて久しいですが、医療現場にいる者としてすべての利用者様の在宅復帰は、その重症度により不可能と考えます。当院の特徴の一つは、チーム医療が円滑に行えていることと自負しております。そこで退院可能な方は提携する近隣の施設へご紹介し、訪問診察を実施致しております。今後は更に利用者様の視点に立って真に地域に密着した病院を目指してまいる所存です。
 院長挨拶

洛北病院は、種々な理由で在宅での療養が困難な高齢者の方が長期に療養生活を送るための療養型病院です。当院では、cure(治療)よりもcare(看護・介護)に重点を置いてお世話をさせていただくことが快適で安心な療養生活につながると考えております。そのために、スタッフ全員がこれまでに培ってきた高齢者のお世話に特化した経験と技術を活かし、療養生活の質の向上に努めています。当院はその名のごとく京都市内の北の端に位置しており、交通の便はいささか不便ですが、その分、自然環境には恵まれており、高齢者の方が平穏な療養生活を送るには最適な環境ではないかと考えております。
理念・挨拶