部門紹介
医師紹介看護課リハビリテーション課
栄養課地域連携室
医師紹介

浜田会理事長
浜田 春樹 はまだ はるき / 内科
 
川崎医科大学 卒

院長
水嶋 秀 みずしま しげる / 内科
 
高知医科大学医学部 卒

医局長
小谷 演俊 こたに のぶとし / 内科  
関西医科大学 卒


看護課思いやりのある誠実な看護・介護を実践します看護課方針
1.患者さんの人権を尊重し、安全で信頼される看護・介護が提供できるように努めます
2.地域の皆様に満足していただける看護・介護を目指します

医療の現場はあくまで [ひと] が主役です。その為にはまず人として
1.礼儀正しくあいさつができる。
2.人の痛みがわかる
3.いつも笑顔を絶やさない
以上のことをモットーに看護・介護に取り組んでいます。
当院で行なう看護・介護とは、ただデーターから症状を読み取るのではなく患者さんの言動や表情から、いつもと様子が違う体調の変化をいちはやく察し症状の安定を図ります。御高齢の患者さんの多い施設ではならこそ、その人と向き合う看護・介護が求められます。患者さんの今までの生活を知り、今置かれている状況を知ること。最期の時を迎えるまでその人らしく穏やかな療養を御家族と共にサポートさせて頂きます。


リハビリテーション課スタッフ
リハビリテーション課
理学療法士 2名
あん摩・マッサージ師 2名


施設基準
理学療法(Ⅰ)
運動器リハ(Ⅱ)
運動器リハ(Ⅲ)

緑豊かな自然に囲まれた、開放的な雰囲気のリハビリルームが自慢。
 入院・療養中の患者さんには、可能な限りご本人やご家族の希望に合わせ"訓練"ではなく"練習"や"運動"という思いで心身機能を維持・向上する為のお手伝いをさせていただいています。寝たきりにならないように離床を促し、心身の状態に応じてベッドサイドでのリハビリテーションにも力を入れています。  

 外来の患者さんには、主に物理療法・マッサージを提供させていただいています。腰痛や膝痛、肩こり等に対し、温熱療法(ホットパック、マイクロウェーブ)、牽引治療、低周波治療が可能です。また、マッサージ師によるマッサージも可能です。


栄養課

管理栄養士 2名
個々に応じた食事の提供医師の指示に基づき患者さん個々の状態に応じた食事サービスをご提供しています。
 患者さんの状態に応じて食堂(ひまわり室)にて召し上がっていただきます。食事内容について適温配膳車による配膳を行っております。
一般食
特別食
 
 常食・軟菜食・流動食

 心臓食・腎臓食・肝臓食・貧血食・糖尿病食・潰瘍食・膵臓食・高脂血症食・痛風食・経管栄養食



栄養管理の実施

患者さんの栄養状態の把握を行い、他職種との連携を図りながら低栄養状態の改善ができるよう
 計画書を作成し栄養管理を行っております。

<咀嚼・嚥下困難者のための食事への取り組み>

可能な限り経口摂取していただけるように、多職種の者が共同して食事の観察及び会議を行い、経口摂取の維持や経口摂取を進めるための計画を作成し、適切な食事の提供をいたします。


地域連携室の紹介

 ご自宅、他院、他施設からの当院への入院、転院を希望される場合に最初にご相談を承る部署です。ご本人が安心して療養目的の入院生活を送っていただけるように、地域の病院や施設などと緊密に連携しながら支援させていただきます。病院見学やご相談にも対応させていただきます。その際には事前に電話でのご予約をお願い致します。
対応者|長野・山口
 
対応時間|月~金 9時00分~17時00分


※ 洛北病院デイケア課は、令和1年7月31日を持ちまして閉鎖する運びとなりました。
  これまで皆様に頂戴致しましたご厚情に心から感謝申し上げます。
医師紹介看護課リハビリテーション課
栄養課地域連携室